«  2020年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年12月25日

こんにちは!
歯科衛生士の河瀬です🦷💡

月に1度の院内勉強会で、
加齢によってお口の機能が衰えはじめた、
ご高齢者へ方へのアプローチについて発表させて頂きました☝💭

からだの衰えはお口から始まります。
お口の機能の衰えは、
オーラルフレイルと呼ばれ、近年注目されています👇

わずかなむせや食べこぼしなど、
ほんの些細な症状から始まります😖

"歳だから"と深刻に考えないことが多いですが、
わずかな症状のうちから対策を行うことで
将来、要介護状態になるのを防げると言われています🌱

オーラルフレイルを放置してしまうと、
「口腔機能低下症」という病気になります。
気になる症状があれば、簡単な方法で検査ができます🙌

予防のひとつとして、
"食前のお口の準備体操"があります🌟
これは、ご高齢の方みなさんにおすすめです😊🥕
簡単に続けられるものばかりなのでぜひ気になる方は
お声掛けください🙋‍♀️❣

また歯科医院に来院してくださった際に、
会話やコミュニケーションをとる時間を大切にしていくことで
少しでも、ご高齢の方の心のケアに繋がれば嬉しいです🤗

一生涯、健康な歯でお食事できるよう、
お口のサポートさせていただきますので
気になることがあれば気軽にご相談下さい🎈✨

jojokpkp;kjnjbkhbjnl.jpg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月22日

先日は大阪府歯科医師会にて開催された後期高齢者医療歯科健康診査の講演会に参加してまいりました。

来年度より検診項目のさらなる充実が図られます。

普段の検診はむし歯や歯周病といった疾患を中心に診ていますが、後期高齢者歯科検診では咀嚼機能や嚥下機能といった項目までしっかりと診査いたします。

IMG_3265.jpg


超高齢社会(65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている社会)といわれる日本。

※日本は、1970年に「高齢化社会」に突入しました。
その後も高齢化率は急激に上昇し、1994年に高齢社会、2007年に超高齢社会へと突入しました。
今後も高齢者率は高くなると予測されており、2025年には約30%、2060年には約40%に達すると見られています。

高齢人口の急速な増加の中で、医療、福祉など増加する高齢人口の問題に対応することが、喫緊の課題となっています。

そうなると地域社会全体で超高齢社会を支えていく必要が出てきます。

地域包括ケアシステムとは 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される仕組みのことを言います。

今後は、認知症高齢者が増えることも予測されていることから、地域包括ケアシステムの構築が重要となります。

歯科の見地からも誤嚥性肺炎予防や食事や会話など生活の質を保つために役立ち出来ることが多くあります。

地域社会への貢献のため、医院の課題として取り組んでいきます!

fig_nihon.png


「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2019年10月14日

当院のブログでは歯周病と全身疾患の関りについて何度かお話してきましたが、今回はむし歯と全身の健康との関わりについてです。

超高齢社会を迎えている日本において介護予防は大きな課題となっています。

介護が必要となる原因として第一位は認知症、第二位は脳血管疾患(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)です。

認知症とは「老化によるもの忘れ」とは異なります。アルツハイマー型認知症を代表とし、だんだん進行していく特徴があります。
やがて理解力や判断力低下が進行すると社会生活や日常生活に支障をきたします。


歯科医院である当院のブログでなぜ認知症についてふれるかといいますと、むし歯菌が認知症・脳血管疾患に関わっているということが最近の研究であきらかになってきたからです。

むし歯菌の中でもコラーゲン結合能をもつものが傷害のある脳血管に悪さをすることが明らかになりました。(※通常のむし歯菌は歯のような硬い組織にしか付着しません。)

お口の中で出血が生じた場合、むし歯菌は血液中に侵入します。
健康な人ではすぐに免疫により排除されますが、脳血管に問題のある方はむし歯菌が定着してしまうのです。

70歳以上の日本人の15%に脳内微小出血を認めるそうです。
通常無症状のため見過ごさられることが多いですが、放置すると脳出血に発展することがあります。

ここで皆様にひとつ知って頂きたいのは、「出血はよくない」ということです!

神経に達するような大きなむし歯や歯ブラシで出血するような歯ぐきの腫れは放置すると危険なのです。

当院の予防歯科ではむし歯や歯周病をコントロールする処置や最先端の予防歯科知識を用いて秘訣をお伝えしています。

お口のメインテナンスをすることは皆様の食生活だけでなく、健康寿命を延ばせる可能性があるのです♪


「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2019年6月14日

日本では高齢化に伴い、誤嚥による死亡率が年々高まっています。

年代別の死亡原因でも肺炎が
60歳台で5位
70歳台で4位
80歳台で3位
90歳台では2位となっています。

実は、肺炎の主な原因は嚥下力低下による誤嚥なんです。

昨年口腔機能低下症が疾病として初めて位置づけられ、歯科での役割もますます重要になってきています。

『いつまでも、自分の口から、美味しい食事を、楽しく食べたい!』
これは皆様が望まれることではないでしょうか?

この誤嚥性肺炎の予防の為に和歌山県の笠原直樹先生が開発されたのが老人用哺乳ビン『タン練くん』です。
(こちらがホームページです。 https://rehearttek.com/)

多くの高齢者の方々が誤嚥でお苦しみになられたり、お亡くなりになるのを見てこられた笠原先生が
高齢者の方に苦しみを味わうことなく自分の口で咀嚼しながら栄養補給をして頂きたい、といった願いをこめられています。

TV放送もされているのでご覧になった方も多いではないでしょうか?

当院で義歯作成を依頼している和田精密歯研の主催によるセミナーに参加してきました。

笠原先生のご講演のあとに質疑応答を行い、実際に『タン練くん』にて実習を行いました。

気持ちでは若いつもりの私も、舌がヘトヘトになりました。

しかし、無理なく舌の筋力を鍛えることが出来るために誤嚥のリスクは大幅に減ることがイメージできました♪

現在品薄ですが、当院より発注可能です(^_^;)

使用法などについての説明をお伝えした上でお渡しいたしますので、是非ごお気軽にお問合せくださいませ♪

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年7月 1日

先週の土曜日曜は松本勝利先生のインプラントオーバーデンチャーのセミナーでした。

松本先生はGDSというスタディグループを主宰されている先生で、5年前に私も受講して多くのことを学ばさせて頂きました。

総義歯・部分床義歯(総入れ歯・部分入れ歯)の総論から復習でき、またエビデンスが少ない領域であるインプラントオーバーデンチャーについても勉強できました。

超高齢化社会に向けて、歯科治療も変革が求められます。
最新情報や技術を身につけて、患者様利益に努めて参ります!

蜀咏悄 2018-06-30 14 02 00.jpg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年6月 2日

歯科助手の西口です😊🌟
今回は、歯が抜けたままおいておくとどうなるのか...についてお話します😶🎵


★歯が抜けたまま放置すると★

①見た目が悪い

②歯ぐきがやせて、変形してしまう

③しっかり噛めないことで胃腸への負担がかかる

④周囲の歯が移動して嚙み合わせや歯並びが悪くなる

⑤うまく発音できない(しゃべれない)

➅全身のバランスに影響を及ぼす(転倒しやすい)

⑦脳の活性化に影響を及ぼす


お口の中だけではなく、全身の様々なトラブルの原因となります。
歯ぐきがやせてからだとできない治療もありますので歯が抜けてしまったら、
そのまま放置せずに、しっかり治療をしましょう😊🎈

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年5月30日

歯科助手の西口です😊🌟
今回は、入れ歯に慣れることについてお話します!!

皆さん、新しい靴で足を痛めた経験はありませんか?
新しい靴は、疲れやすかったり、痛かったりといった事がありますが、履き続けることで、足に馴染み快適に歩くことができますよね?🤔🎈
入れ歯も同じように食事や話し方に慣れ、痛みがある時は調整し、徐々お口に馴染ませ、早く慣れるためにはトレーニングが効果的です。

★早く慣れるためには...★

最初は、プリン,豆腐,スープ,小さく切った肉や野菜,などの軟らかいものや小さく切った物から食べ始め、慣れてきたら、徐々に硬いもの、大きいものにしていきます😀🍗
そして、「サ行」と「タ行」の言葉が話しずらくなります。
話すことに早く慣れるためには、声を出して本を読むなど話す練習をしましょう

また、入れ歯は天然の歯に比べて咬む力が低下します。
天然歯が100%とすると、部分入れ歯で約50%、総入れ歯で約25%になります。
硬いもの、繊維が多いもの、噛み切りにくいものなど、噛み砕くのに必要以上に長い時間がかかります。

早く慣れるために日々のトレーニングを心がけてみてください😊🎆

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」


2018年5月29日


歯科助手の西口です😊🌟
今回は、入れ歯のお手入れ方法についてお話します!!

入れ歯が初めての方は、皆さん苦労される場合が多いです。
しかし、入れ歯を付けないでいると入れ歯が合わなくなるだけではなく、お口の中にも様々な悪影響を及ぼします。
合わない入れ歯を使っていると、口内炎や歯ぐきに傷ができ痛みを生じたり、汚れがたまりやすくなったり、残っている歯を悪くしてしまうこともあります。

★入れ歯のお手入れ方法★

①就寝前は必ず専用ブラシで洗浄しましょう。
 (部分入れ歯は、バネの部分やその付け根まで丁寧に洗浄しましょう。)

②入れ歯の洗浄剤を用いると効果的に除菌できます。

③入れ歯は乾燥すると変形やひび割れを起こし、痛みの原因となります。

④入れ歯の清掃に歯みがき剤を使用すると、入れ歯が傷つきます。

⑤入れ歯の材質は、落下などの衝撃に弱いため注意が必要です。

➅不衛生な入れ歯を使うと口臭の原因になります。


入れ歯も天然の歯と同じように歯垢や歯石が付着します。
衛生的に長持ちさせるには、お手入れも大切です。
定期的な検診を受けることがお口の健康と入れ歯を長持ちさせる秘訣です😊🎈

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年3月31日

IMG_2806.jpg

やまぐち歯科が開院して5年目になり、年々お口に対する意識の高い患者様が増えていらっしゃいます。
大変喜ばしいことです(*^_^*)

インターネットの幅広い年代の方々への普及により、色々な情報を得ることが可能です。
しかし、残念ながら全てが正しい情報と限りません。
当院では科学的根拠に基づいた、正しい情報提供が重要だと考えています。

この度、患者様が読みやすい内容の図書を集め、院内で閲覧やご自宅での貸し出しを開始させて頂くことにしました。

受付に設置しておりますので、是非お気軽に手にとってください(^_^)

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年3月14日

当院ではインプラントだけではなく、義歯(入れ歯)の患者様も多くいらっしゃいます。

義歯は義足以上に細かく、様々な動きをするための装置です。
特に食事や会話にといったものはとくに重要です。

しかし、残念ながら入れ歯が合わないと言って来院される方はとても多いです。
患者様毎にお口の中で不快に感じられる項目は様々です。

痛みがある、装着感が悪い、はずれる、咬めない、見た目が悪い、色々な原因で義歯使用を中断される方がいらっしゃいます。
義歯は他の歯を守る働きもしてくれるため、使用して頂けるように調整することが重要です。
いわば、義歯作りが得意な歯科医師はオーダーメイドの靴職人と一緒です。

義歯用プレート (1).JPG

義歯用プレート (2).JPG

こちらの画像は義歯の設計の参考にするために患者様専用に作った仮のプレートです。

以前は義歯の使用自体が出来なかった方ですが、お口に合った形にすることで問題なく使用して頂けるようになりました♪

美味しく楽しい食生活を行って頂けるように、ちょっとした工夫をすることでよりよい義歯の作成が可能です。

義歯が合わないという方は是非ご相談ください(^^)/

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

義歯・入れ歯

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618