«  2020年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年1月 7日

昨日は貝塚市役所の保健センターにて市民の方対象の3歳半歯科検診でした。

むし歯や歯肉炎のチェック、歯並び(不正咬合や悪習癖がないか)のチェックを行います。
その上で保護者の方からのお口に関する相談を受けます。

普段歯科医院にいらっしゃらない方のお口も拝見出来る貴重な機会です。
指しゃぶりに悩むお母様が多く、口呼吸や歯並びの問題など色々ご相談を受けました。
先天性欠損、癒合歯、過剰歯など乳歯の歯の数の問題もあり、後続永久歯との関係をふまえて経過観察が必要です。

この時期は早期発見や予防が大事になってくる時期のため、色々とお話させて頂きました。

お隣では管理栄養士さんのお話もあったようです。当院でも食育の取り組みを行っているため、興味深かったです。

80647096_1004581393243880_576804462511261853_n.jpg


乳歯は、生後約8ヶ月からはえ始め、2歳6ヶ月頃にはえ終わります。

乳前歯(A・B・C)のはえてくる時期はガーゼ等の柔らかい物で拭いてあげるだけでも十分です。
第1乳臼歯(D)がはえてくる頃より歯ブラシやブクブクうがいに慣れるように練習をしていきます。
第2乳臼歯(E)がはえる頃には身体的・精神的活動が活発となり、食欲も旺盛になります。
この時期には日々の歯ブラシによるセルフケアを習慣づける事が大切です。

ちなみに、1~2歳までの指しゃぶりは離乳のための準備で自然な行動とも言われているので、この期間にはとくに心配する必要はありません。

離乳食が始まった頃から、規則正しい食習慣を養うことが大切です。
栄養のバランス・味覚の形成・硬いものを噛める習慣などに心配りをが必要です。

 「おやつ=お菓子」ではありません。おやつは、食事の一環として栄養を補うもの(補色)です。

3歳ぐらいの子供のおやつの量は一日の食事量の10~15%ぐらいとし(150kcal~300kcal)、エネルギーだけでなくタンパク質やビタミン・カルシウムなど栄養のバランスも考えて与えると良いです。

一方、お菓子は嗜好品です。しっかりと区別をつけることが大事です。

食生活においては砂糖の摂取をコントロールするシガーコントロールが重要です。
そして、気を付けて頂きたいのは量よりも回数のコントロールにてダラダラ食いにならないようにすることです。

当院の小児歯科ではむし歯や歯肉炎(歯周病)の予防のお話や、歯並び、きれいなお顔に育てるためのお話などを行います。

たくさんのお伝えしたいことがあるため、必要な時期に必要なことをお伝えしています。

地域の皆様が将来お口で困ることがないように今年もスタッフ一同で有益な情報発信に取り組んでいきます(*^_^*)

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年1月 4日

明けましておめでとうございます。

昨年は皆様にお世話になり、ありがとうございました。

本年は1/4(土)より通常診療を行います。

今年も地域の皆様に貢献できるよう、スタッフ一同取り組んで参りますのでよろしくお願いいたします。

急患対応を行っていますので、お困りの方はお電話くださいませ。

やまぐち歯科 院長 山口敬士

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

« 2019年12月 | メイン | 2020年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618