«  2018年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 妊娠さんの歯科治療!(妊婦歯科・マタニティ歯科・予防歯科)『貝塚・岸和田・泉佐野・熊取で安心できる歯医者ならやまぐち歯科』 | メイン | 食育 離乳期編(妊婦歯科・マタニティ歯科・小児歯科)。『貝塚・岸和田・泉佐野・熊取で安心できる歯医者ならやまぐち歯科』 »

2018年6月 8日

歯科助手の西口です😊🎈
今回は、子どもさんの栄養(妊娠期編)について説明します👀✔

産まれてから授乳期、離乳期、幼児期、学齢期と成長していくなかで「飲む、噛む、食べる」機能と、食習慣を身についていく大切な時期です。

それぞれの時期で注意したい点をご紹介します🤔🤔

★妊娠期編★

平成18年に厚生労働省から出された「妊産婦のための食生活指針」は、妊娠前の食生活の見直しも視野に入れ、妊娠期・授乳期の母子に必要な栄養についてまとめられたものです。
最近ではだいぶ定着してきた「神経管閉鎖障害の発生リスク低減のための葉酸摂取」や「催奇形性のおそれのあるビタミンAの過剰摂取への注意喚起」などが記載されています。葉酸は水溶性ビタミンで、毎日摂取することが望ましいとされています。
食品からの葉酸摂取に加えて、栄養補助食品から1日0.4㎎の葉酸を摂取すれば神経管閉鎖障害の発生リスクは減らせますが、同時に1日1㎎を超えないことも注意点として記載されています。
また、ビタミンAは、過剰摂取により先天奇形が増加することが報告されているため、レバーなどのビタミンA含量の多い食品や栄養補助食品などの大量摂取は避けるべきとされています。
ただし、基本セット栄養摂取と、禁煙・禁酒が大前提です。

ビタミンの取り過ぎに注意しましょう😩


「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」>

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dc-yamaguchi.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/892

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618