«  2018年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« フッ化物(フッ素)入り歯磨き粉の濃度上限拡大。(むし歯予防・小児歯科)『貝塚・岸和田・泉佐野・熊取で安心できる歯医者ならやまぐち歯科』 | メイン | 低侵襲なインプラントのためのセミナー(ソケットリフト・サイナスリフト)。『貝塚・岸和田・泉佐野・熊取で安心できる歯医者ならやまぐち歯科』 »

2017年6月17日

ドライマウスについてお話します(^O^)/
唾液が減るとむし歯や歯周病のリスクが高くなります。
唾液の量が減ると乾燥やねばつき、話しやすさ、乾いた物の噛みづらさを感じます。

ドライマウスのサインは水がないと食べれない、話しづらい、口の中がネバネバする
などがあります。このような異変はドライマウスのサインです。

また唾液が減るのは圧倒的に女性が多く8割を占めていると言われています。
唾液の減少は44~55歳頃に女性ホルモンが低下するためです。
この女性ホルモン低下がドライマウスと関連していると言われています。

またストレスがかかると交感神経が強く働くので水分の少なくネバネバした
唾液が分泌されます。

ドライマウス.jpg


唾液線マッサージというものもありやさしい力加減で行うことで改善される方もいます。
ドライマウスの症状が気になる方は一度受診してみてください(^^♪

歯科助手 角野

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.dc-yamaguchi.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/665

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618