«  2017年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年3月29日

当院で治療に力を入れている治療のひとつに歯周病治療があります。
歯周病はギネスブックで世界一患者数が多いと言われる病気です。

こちらの患者様は前歯の炎症が強く歯と歯の間の隙間が気になるとのことでした。

0000000145__OtherImage_20150109161608.jpg

辛抱強く、治療に通って頂きました。
・・・担当の歯科衛生士と共に頑張って頂いた結果がこちらです!

PICT0943.JPG

見事にキレイな見た目になりました♪
歯周外科(歯周病の手術)は行わずに、初期治療(簡単な治療)で治しています。

0000000145__IntraOral_20141105183206.jpg

レントゲンで診てもはっきりとした歯槽硬線が現れてきています。
余分な咬合調整や矯正治療は行っておりません。

0000000145__IntraOral_20170329171229.jpg

気になっていた所が改善したことで喜んで頂きました♪
治った喜びを患者様と共有することが我々の幸せです!

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月26日

昨日は6本の親知らずの抜歯を行いました。

・麻痺リスクの高い下顎管に接触しているケース
・上顎洞迷入リスクの高いケース
・複雑な歯根の形態で抜きにくいケースなど
難抜歯といわれるものが多く、実に様々なケースがありました。

こちらはその一部ですが、一本一本色んな個性の歯があります。

PICT0746.JPG

PICT0748.JPG

リスクの高い場合はCT撮影にて解剖学的形態の確認を行い、安全性の高い術式選択をします。
歯肉弁を開いたり、骨削除を行ったりという侵襲の大きい方法も行いますが、最小限のダメージですむように考えています。
当院での抜歯は術後の腫れや痛みが少ないと自負しています。

しかし、本来は歯を抜くのがメインの仕事ではなく、いかに残していくかを考える仕事です。
そのためには外科処置を用いることも多いため、抜歯はその技術を磨く一貫と考えております。

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月20日

土曜日の夜は高槻にてスカンジナビアデンティストリーという勉強会でした。

歯科先進国であるスウェーデンのイエテボリ大学に留学されていたDUO specialists dental clinicの大月先生が主催されています。

科学的根拠に基づいた治療を行ういうことがコンセプトです。
医療行為の評価が全てナショナルガイドラインに沿って行われるというスウェーデン。

無駄なことを行わず、治療をシンプルに的確に行うためには常に情報収集を行い、アップデートしていくことが重要です。

よりよい治療のために、どんどん学ぶべきことが増えて行きます!

IMG_4669.JPG

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月18日

昨日の午後は歯科衛生士の院内研修でした。

今回のテーマは「レントゲンの読み方」です。
歯周病の治療を行う際には歯ぐきの中がどうなってるのかを把握することが重要です。

レントゲン撮影によって一本一本の歯の形や根っこの形、歯を支える骨(歯槽骨)の形態・吸収像をイメージすることが出来ますが、そのためにはレントゲンに関する知識が必要です。

スタッフ一同理解を深め、新しいことを学んだことが非常に楽しかった、という感想を申しておりました。
頼もしい限りです!

IMG_20170318_0003.jpg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月12日

昨日は京都のなかい歯科義歯インプラントほてつ研究所さんにてブレイクスルーの勉強会でした。

トップバッターは牛窪先生が「歯周外科手術」や「歯周治療における外科・非外科」「最新の非外科治療」「インスツルメント」などをテーマにお話しされました。

当院でもしっかり歯周病を治したいという方については必要に応じて歯周外科を行い、歯の保存に努めています。
様々な術式の中から適応症を選択するのですが、時代と共に使用する器具や切開法・掻把法などについても変遷しております。

低侵襲(ダメージが少ない)でなおかつ治療結果を出せる術式も登場しているため、しっかりと習得していきます!

IMG_4536.JPG

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月 9日

診断・治療法を誤ると難症例化してしまうケースがあります。

それはエンドペリオと呼ばれるものです。
歯ぐきの炎症を起こす歯周炎と感染根管が原因の根尖病変が似た病態像を示すことがあります。
原因は歯周炎のみ、感染根管のみ、もしくはともに併発している場合の3通りが考えられます。
こちらが感染経路のイメージ図です。

エンドペリオ.png

感染根管治療を行わずに、歯周病治療を行うことで仮性ポケットが真性ポケットになってしまうことで難症例化してしまいます。

本来なら不必要だった歯周組織再生療法を行う必要が出てしまうため、鑑別診断が重要です。

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月 6日

昨日はモリタ本社にて表題のセミナーでした。

以前は珍しかった歯科用CBCTも現在普及率は20%まで増えているようです。
当院でも業界内での評判の高いモリタ社のCTを昨年導入しました。
難症例において非常に役に立っています。

5名のスペシャリストの先生が講演される濃密な1日で、多くの学びを得ることが出来ました!

IMG_20170309_0001.jpg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2017年3月 2日

昨日は外傷によって破折してしまった2本の前歯の審美治療が完了しました。

来院時は事故により大事な前歯が欠けたり、折れてしまっていました。
1本は通常なら抜歯になってしまう状態です。

まずはお痛みをとって、見た目を保つ応急処置を実施します。
未成年の方のため、インプラント以外の方法(※顎の成長が落ち着くまではインプラント治療適用外です。)で考えうる全ての治療法やその長所短所をよくお話しさせて頂きました。

スクリーンショット (24).png

歯を抜かずに残す治療法を希望されたため、部分矯正(LOT)とクラウンレングスニング(歯周組織の環境を整える手術)を実施していきます。

スクリーンショット (25).png

歯の予知性(長持ちする可能性)が得られたため、セラミック治療(ジルコニアクラウン)に移ります。
患者様に新しく入れる歯の形や色のご希望を詳細に伺います。

スクリーンショット (29).png

お口の中に入って、歯だけでなく歯ぐきもキレイになじんでいます。
患者様にもご満足頂きました。
頑張って通院して頂いたため、我々も喜ばしいことです♪

スクリーンショット (26).png

各治療工程でレントゲンで確認を行っています。
ひとつひとつの基本手技を確実に行うことが重要です。

スクリーンショット (27).png

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

« 2017年2月 | メイン | 2017年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618