«  2016年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年12月22日

神経をとった歯には様々なトラブルが起こります。
むし歯、根尖性歯周炎、クラック(ヒビ)、歯根破折・・・。
神経をとると歯の寿命が半分位になるなんていうようにも言われます。

まずは神経を残す治療をすることが歯科医師の務めですが、残念ながら神経をとらざるを得ないことがあります。

歯の根っこの中に感染して膿んだ状態は往々にして起こるトラブルです。
歯ぐきが腫れたり、浮いた感じになって痛いという状態は神経をとった歯をお持ちの方には思い当たる方が多いではないでしょうか?

そんな中には難治性根尖性歯周炎という神経の再治療ではよくならないものや、歯根嚢胞という嚢胞に変化していくものもあります。

当院ではそういった難症例には外科的歯内療法を実施しています。

01.jpg

02.jpg

画面中央右側の歯に歯根嚢胞摘出と歯根端切除術を行いました。
根っこの先の黒い丸ものが嚢胞です。
レントゲン画像は治癒傾向で症状もありません。

術式はシンプルですが、切開線の設定、マイクロスコープや拡大鏡、使うマテリアル(材料)の選択が重要です。
年間2,3例の実施数ではありますが、今の所100%の成功率です。
1本でも多くの歯を残すためにさらなる術式の改良をすすめます!

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2016年12月16日

昨日はDUO Dental Clinic様に遊びに行かせて頂きました。
院長の大月先生は私の先輩でヨーロッパの歯周病・インプラントの専門医を取得された著名な先生です。

難症例の相談や医院見学に来られていた同世代の先生と楽しくお話しさせて頂きました。

DUO Dental Clinicではマイクロスコープを使った最先端の治療をされており、当院でも間もなくマイクロスコープを導入予定です。
使いこなすためにはトレーニングと長い年月が必要なため、一から練習です。
最終的な仕様決定のために参考にさせて頂きます。

歯科医師は知識と技術が必要な仕事ですが、大月先生は各種講演や大学の研究までされているスーパーマンのような御方です。
後輩として恥ずかしくないように、地元の歯科医療に貢献できるように努めます!

IMG_2462.JPG

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2016年12月11日

本日は株式会社モリタにて泉英之先生のセミナーでした。

テーマは根管治療(歯の神経の治療)です。

直接見えるむし歯や入れ歯などの治療と異なり、目に見えない歯の中の神経を治療する根管治療は困難なものです。
(日本における根管治療の成功率は40%なんていうデータもあるようです。)
治療のゴールか細菌感染を除去するという一点なのですが、目に見えない歯の根の中で、なおかつ目に見えないサイズの細菌を相手にするので大変です。

そんな中歯科用コーンビームCT(CBCT)とマイクロスコープ(治療用の顕微鏡)の登場により昨今飛躍的に歯科における治療精度が高まっております。
病変の発見率上昇やアクセスできなかった部位へのアプローチが可能になったことによりますが、新しい器具を使うためには知識とトレーニングが必要です。

日々アップデートされる情報を収集しながら、技術の習得に励みます。

IMG_2411.JPG

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」


« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618