«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年10月11日

こんにちは 歯科衛生士の大野と松永です😊✨

前回に引き続き、SRP講座(ミドルコース)を受けてきました❗

今回の内容は前回の復習と新しく中等度の歯周病に対するSRP(歯石取り)のテクニックの習得でした。
二回目ということもあり前回よりも手ごたえを感じることができました🌟

この経験を生かし、より患者様に喜んでもらえる歯科衛生士を目指し、日々頑張りたいと思います😄

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年10月10日

最後のご登壇は九州大学臨床教授もされている水上哲也先生でした。
「歯周組織再生療法はどう変わって来たかー術式を中心にー」というテーマでお話されました。

IMG_6854.jpeg

近年注目を浴びているのはMISTやM-MISTなどの低侵襲型(痛みにくい・腫れにくい)の歯周外科です。

従来の術式との適用は以下のコンセプトを元に判断すると整理されていました。

①術中の見やすさやアクセスの容易さ
➁減張切開(骨膜減張切開や縦切開)を汎用するか
③弁の断端の接触面積の向上のための切開ラインの幅を広げるかど
④スぺースメイキングをどのように達成するか

私も骨欠損の状況に応じて低侵襲型の歯周外科を行うことが増えております。

歯科医師として駆け出しの頃苦労したフラップ形成やフラップマネージメントが上達し、拡大鏡やマイクロスコープを使うことに慣れてくることで初めて低侵襲型の外科処置が可能になります。

術後の痛みがほとんどなく、手術の瘢痕が残りにくい所はとても患者様利益の高い処置です。

偉大な先人の先生方が生み出して来られた術式を考え方の部分から学び、臨床応用していくことで次世代に繋げていきたいと考えています。

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年10月 9日

内山茂先生は「SPTを基本に長期メインテナンスを考える」というテーマでご講演されました。

いつも歯周治療成功の鍵は継続した患者支援であるということを強調しておられます。

IMG_6819.jpeg

SPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)とは何でしょうか?

歯周病の病状が安定し、病変の進行が休止した状態の歯周組織を長期にわたり維持安定させるための「治療」です。

具体的には
プラークコントロール(OHI)
専門的機械的歯面清掃(PMTC)
歯周ポケット内洗浄
スケーリング・ルートプレーニング
咬合調整
などからなる「包括的治療」であり、原因因子の除去に努め、併せて口腔衛生指導や再動機づけなどを行う

とされています。

単純に歯石取りを繰り返しているのと診査診断を経時的に行っていくのとでは治療結果は大きく異なります。

当院では3ヶ月毎の来院時でも歯科医師のチェックを必ず行っております。
患者様の大切な歯と素敵な生活を支えるために質の高いSPTを目指し続けます♪

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年10月 8日

2018年に定年退職された新潟大学歯周病学講座の吉江前教授の講演がありました。

テーマは「歯周治療40年で変わったこと」です。

IMG_6812.jpeg

歯周病治療研究の最前線で40年間臨床をされていた教授のお言葉はとても含蓄があります。

1 プラークから病原菌/遺伝・生活習慣が強調
2 歯周組織破壊から全身臓器へ悪影響
3 SRP 音波、レーザー、マイクロスコープ、抗菌療法
4 切除から再生 GTRからEMD、FGF,細胞
5 CBCT/インプラント治療とインプラント疾患の治療
6 高齢者歯周治療への模索

といった流れでした。

歯周病治療の歴史や考え方の変遷を知っておくことは重要です。
新たな学説や研究結果は日々出てきますが、軸となる考え方がないと目の前のことに左右されてしまうからです。

短いお時間でしたが、超高齢化社会に向けてのフレイル型また要介護型歯周治療・口腔管理体系が求められていくという所が印象に残っています。

私の同級生の阪口先生もお父様と参加されていましたが、お父様と教授が同級生だったというお話でした。

歯科医療も親子世代で継承されて行っているのですね(^_^)

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年10月 7日

第70回近畿北陸地区歯科医学大会&ポートピアデンタルショーに行ってきました。

デンタルショーは各メーカーさんの最新の医療機器の展示があり、また既存の商品への情報収集も出来る良い機会です。

根管治療用に購入したもののまだ使用していないバイオセラミックスや審美歯科で用いるセメントの不明点が確認できたため、さっそく使用したいと考えております。

横浜では4年に1回開催される国際歯科学会があるため、人手が少ないかと思っていましたが、多くの方で賑わっておりました(^^)/


IMG_6795.jpeg
IMG_6797.jpeg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年10月 2日

こちらが平成29年の国民健康・栄養調査の結果です。

国民健康栄養調査2.jpg

「何でも噛んで食べられる」という方が60歳代から急激に減少しているというデータがあがっています。
実際に歯科受診される方は60歳代以上の方の割合が多いです。

何でも美味しく食べて、笑って過ごすためには歯の本数(目安は20本)が残っていることが重要です。
当院では治療が終わると予防歯科にて歯をいかに失わないようにしていくかということに力を注いでいきます。
そういった際には統計や科学的データに基づく根拠の上に治療や情報提供を行います。

患者様の負担を少なく、最大限の治療結果を出していくことを日々考えています(^^)/

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年9月30日

昨日の午後は休診にさせて頂き、京都でブレイクスルーという勉強会で発表させて頂きました。
ブレイクスルーはインプラント治療を中心に歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士さんと共に学ぶスタディグループです。

テーマは「郊外型かかりつけ歯科医院の歯科衛生士ワーク」という内容で当院での取り組みをお話しました。

限られた時間の中での準備にはなりましたが、今回の経験もまたひとつの成長になるかと思います。
貴重な機会を頂き、ありがとうございました!

IMG_6714.jpeg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年9月24日

昨日はMFTのセミナーでした。

MFTとは矯正治療において治療の促進や後戻り予防のために実施するお口に関わる筋肉のトレーニングです。

歯の位置は唇や舌など口腔周囲筋のバランスが保たれる所に決まります。
つまり筋肉がアンバランスだと歯の位置のバランスも悪くなります。

アンバランスを整えるために必要なトレーニングを見極めて実施することで
場合によっては矯正治療自体を未然に防ぐことも可能です。

口呼吸、姿勢の歪み、低位舌、舌突出癖などむし歯・歯周病だけでなく、歯科で行う仕事は幅広くあります。

特に成長過程の子供さんには非常に効果的です(^^)/

IMG_6659.jpeg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年9月20日

昨日は歯周病治療の院内勉強会でした。

歯科衛生士の山本が歯周病の中でも治療が難しい根分岐部病変について発表を行いました。
まずは歯周病治療学会の巨匠であるLindheの分類からです。
歯科助手・受付スタッフも理解できるように模型を用いて基本の確認から行っております。

医院スタッフ全員で患者さまの治療に貢献できるよう取り組んでいます。

6631.jpg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2018年9月14日

現在、通常通り診療いたしております。
なお、医院の電話もようやく復旧いたしました。
今後もこちらの電話番号・メールアドレスは使用可能ですのでご活用くださいませ。

<電話番号>090-8986-4618
<メール宛先> kaizuka.yamaguchishika@gmail.com

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

Entries

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618