«  2020年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2020年2月24日

やまぐち歯科では毎日、お口の定期健診で多くの患者様がご来院頂きます♪

元気なお顔や幸せな報告を頂いたり、忙しい中でもお顔を見せて頂くことで日々の診療の大きなやりがいとなっています(^^)/

人生100年時代と言われるようになり、超高齢化社会を迎えている日本において歯科健診の重要性がさらに高まっています。

3年前より日本政府の「骨太の方針」に歯科の重要性がとりあげられ、お口の健康が全身の健康につながることが色々なメディアでも取り上げられています。

自己治癒することが少ないお口の疾患(病気)には予防が有効です。

歯周病ケアを行うことで糖尿病の改善につながったり、しっかり噛めるお口作りによって認知症予防になります。

痛みなどの自覚症状がなくても、歯周病ケアやむし歯などの予防や口腔がんを含む口腔内疾患の早期発見・早期治療が可能です。

当院ではレントゲンや口腔内写真などの定期的な診断用資料採取と経年比較によりリスク管理を徹底しています。

患者様のお口を理解した担当歯科衛生士がお口のすみずみまで予防処置を行い、歯科医師による診査を行います。

定期健診へ移行した方が歯を失うことは非常に少なくなっています。熱心に歯磨きや日常生活でのリスク管理に頑張って頂いているおかげです♪

これからもやまぐち歯科スタッフが一丸となって治療と予防の充実を図り、患者様のお口と全身の健康のためにサポートさせて頂きます(*^_^*)

IMG-3455.JPG

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月23日

本日は鹿児島大学医学部歯学部サッカー部の後輩がやまぐち歯科へ医院見学に来てくれました。

福岡県で院長先生になられたばかりの井樋先生とご友人の徳田先生のお二人です。

IMG_3464.jpg

井樋先生とは大学卒業以来の久しぶりの再会でしたが、変わらず良い後輩で、とても懐かしかったです。

徳田先生も2年後にはご開業を控えているそうで、2人共これからさらに多忙の日々を迎えられそうです。

真面目で勤勉な2人のお話を聞き、私も良い刺激があり、楽しい時間となりました。

鹿児島大学歯学部の同窓生として、お互い高めあえるようこれからもよろしくお願いします。

また、やまぐち歯科では常勤・非常勤問わず、勤務医の先生も募集しております。

一緒に学び、地域の患者様に喜んで頂けるような治療を行えるよう、やる気のある先生をお待ちしております!

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月22日

先日は大阪府歯科医師会にて開催された後期高齢者医療歯科健康診査の講演会に参加してまいりました。

来年度より検診項目のさらなる充実が図られます。

普段の検診はむし歯や歯周病といった疾患を中心に診ていますが、後期高齢者歯科検診では咀嚼機能や嚥下機能といった項目までしっかりと診査いたします。

IMG_3265.jpg


超高齢社会(65歳以上の人口の割合が全人口の21%を占めている社会)といわれる日本。

※日本は、1970年に「高齢化社会」に突入しました。
その後も高齢化率は急激に上昇し、1994年に高齢社会、2007年に超高齢社会へと突入しました。
今後も高齢者率は高くなると予測されており、2025年には約30%、2060年には約40%に達すると見られています。

高齢人口の急速な増加の中で、医療、福祉など増加する高齢人口の問題に対応することが、喫緊の課題となっています。

そうなると地域社会全体で超高齢社会を支えていく必要が出てきます。

地域包括ケアシステムとは 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される仕組みのことを言います。

今後は、認知症高齢者が増えることも予測されていることから、地域包括ケアシステムの構築が重要となります。

歯科の見地からも誤嚥性肺炎予防や食事や会話など生活の質を保つために役立ち出来ることが多くあります。

地域社会への貢献のため、医院の課題として取り組んでいきます!

fig_nihon.png


「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月20日

本日はたまにご質問頂く「抗生物質」「耐性菌」について書かせて頂きます。

歯医者では歯周病による炎症や抜歯などの外科処置後などによく処方されます。

では、そもそも抗生物質とは何でしょうか?

抗生物質とは、細菌などの微生物の成長、機能を阻止する物質のことで、化膿したときなどの細菌感染症に効果があります。

1929年に青カビのつくるペニシリンという物質が、感染症の原因となるブドウ球菌などの発育を抑えることが発見されました。

これが抗生物質のはじまりです。

抗生物質の発見は画期的で、不治の病とされた結核も、ストレプトマイシンの発見で克服されました。

このように、人々から恐れられていた感染症の多くが治療可能となりました。

「抗生」とは、生命に拮抗するという意味で、病原体の生命(細胞)と拮抗して病原体を殺すということです。人体の細胞に毒でないものが治療薬として使われます。

一方、抗生物質はウイルスには効きません。(抗生物質の標的となる細胞壁や細胞膜を欠くからです。)

例えば、インフルエンザのようなウイルス性の急性上気道炎に抗生物質は効きません。

しかし、イギリスでは普通の風邪に対しても医師が抗生物質を投与するそうです。

風邪はウイルスによって起こるため、抗生物質は役に立ちません。

医師はこれを知っていながら患者が欲しがるからとの理由で抗生物質を処方しているとのことです。

この問題は不必要な抗生物質投与による耐性菌の発生につながっています。

われわれの身体には多くの細菌が常在しており、多くは病原性を持ちません。(お口の中は口腔内常在菌といいます。)

それどころか、われわれの生存に欠かせない役割を演じている可能性さえ示唆されています。抗生物質によってそのバランスを不必要に撹乱されるということがリスクなのです。

当院では正確な診断を行ったうえで、必要最低限の抗生物質の投与を行い、患者様の不利益にならないよう心がけています。

ご心配な方は何でもお気軽にご相談くださいませ。

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

先週の土曜日の夜は高槻市で大月先生主宰のスカンジナビアンデンディストリーという勉強会でした。

西村歯科様の秦先生、歯科衛生士叶さんがインプラントの長期症例
大月直子先生が新型コロナウイルス
大月基弘先生が超音波スケーラー

をテーマにご講演されました。

当院の歯科衛生士たちも参加し、共に勉強しました。

IMG_3384.jpeg

インプラント治療はドクターが行い、その後は歯科衛生士のメインテナンスへと移行します。

インプラントのかぶせものの形態は清掃性といって磨きやすさがインプラントの長持ちに繋がります。

術後の清掃状態や炎症状態を見極めながらしっかりとケアしていくためには、歯科医師と歯科衛生士が共に学んでいくことが大事だと考えています。

遠方まで一緒に勉強会に来てくれた皆に感謝です!

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月11日

昨日は診療後に株式会社モリタ様のインタビュー&撮影でした。

当院では開院当初よりスタンダードプレコーションとユニバーサルプレコーションの考えを元に滅菌を徹底して院内感染予防に取り組んでいます。

患者様に安心・安全、なおかつ精度の高い治療を行うためには感染対策は必須です。

その点について歯科業界最大手のモリタ社より評価を頂き、今回の企画となりました。

歯科従事者対象の記事なのですが、インタビュアーは歯科関係の方ではない方でしたので、専門的なお話を分かりやすく解説させて頂きました。

記事が仕上がってくるのが楽しみです!

IMG_20200210_201051.jpg

以下は当院のHPの感染施策ページよりの引用です。

スタンダードプレコーションとは?
1996年にアメリカ防疫センターが発表した予防策です。血液や体液、排泄物、手洗い、呼吸器系、結核の予防策が盛り込まれています。この予防策は、患者さん、そして医療従事者を、診断されていない未知の感染症からも守ることができます。

ユニバーサルプレコーションとは?
1985年にHIV感染予防のために考案された医療従事者の保護を中心とした注意事項のことです。予防方法の対象は、血液や体液、排泄物です。重症感染症患者の方だけでなく、すべての患者さんの体液や排泄物を、「感染源となりえる可能性がある」と考えます。そうすることで、患者さんや医療従事者の感染予防を確実に行っていくものです。

当院では歯科医療に係る医療安全管理対策について、下記の通り取り組んでいます。
■医療安全管理、院内感染対策、医薬品業務手順等、医療安全対策に係る指針等の対策
■医療安全対策に係る研修の受講ならびに従業者への研修の実施
■安全で安心な歯科医療環境を提供するための装置、器具等を設置しています
  設置装置等:AED, パルスオキシメーター、酸素、血圧計、救急蘇生セット、
  歯科用吸引装置

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月 8日

先日のCECPでの発表のあとは大阪府歯科医師会の夜間緊急歯科診療に出務してきました。

歯科医院が閉まる21~3時までの間に府民の方を対象に夜間緊急診療を行っています。

奈良県などの他府県からいらっしゃる方もいたり、訪日中の外国人の方もいらっしゃいます。

症状としてはむし歯や歯周病、親知らずからの痛みや、外傷、仮歯や詰め物がとれた、などなど様々で多岐にわたります。

一般歯科の先生と口腔外科専門医がペアで出務されています。

今回ペアで出させて頂いた口腔外科専門医の先生は私の学生時代の教授や講師の先生方と同窓生であったような凄腕のドクターでした。

色々お話したり、治療にご一緒させたりと普段出来ない経験が出来、勉強になる時間でした。

おひとりおひとりに十分説明できる時間もあるため、ハードな時間帯でしたがとてもやりがいのあるお仕事です。

IMG_3204.jpeg

こちらが設備です。新しい機材も充実しています。

歯科衛生士も出務しており、様々なトラブルへの対応が可能です。

また機会があれば是非出務の機会を頂き、府民の皆様のお役に立てることが出来れば幸いです!

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月 6日

先日はCECPというスタディグループにて歯周組織再生療法についての講演をさせて頂きました。

CECPは歯周病治療とインプラント治療の勉強会で医院力や歯科衛生士のレベルアップを目的としています。

当院の歯科衛生士も何度か発表をさせて頂き、それぞれレベルアップに繋がりました。

講演内容としては若手歯科医師・歯科衛生士を対象に
①歯周外科の必要性
②EBM(科学的根拠にのっとった治療)、骨移植材について
➂術式
④症例(コンサバティブな術式、MIST、
M-MIST、根尖まで骨吸収した重度ケース)

といった内容でお話しました。

インプラント治療を行う前に、まずは徹底的に歯を残す治療を行うことが歯科医師として大事だと考えています。

歯周病治療の引き出しとして歯周外科があれば、残せる歯は増えます。
さらに歯周組織再生療法を行うことが出来れば、従来なら抜歯になるような歯でも残せることがあります。

①適応症選択
骨壁の分類・分岐病変の分類・骨欠損の深さや幅
プラークコントロール・全身疾患・リスクファクターなど

②切開線の設定
骨欠損の把握(ボーンサウンディング、コーンビームCT)
歯間乳頭の保存や裂開を防ぐための切開法

➂縫合法(インターナルマットレス縫合やモディファイドマットレス縫合)
一次治癒を得るためのバットジョイントでのテンションフリー縫合
各種目的に応じたマットレス縫合の選択

④術後管理
経時的な治癒に応じたプラークコントロール
再評価の適正な時期

など、おさえるべきポイントについてまとめました。
自分の頭にインプットしてきたことを講演でアウトプットすることにより自分のレベルアップに繋がります。

また次回の発表に向けて頑張ります!

IMG_3200.jpeg

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月 4日

こんにちは 歯科衛生士の大野です
今日は、歯周病と出血にフォーカスを当ててお話させていただきます🌟

みなさんは歯磨きのときに、歯茎から出血した経験はありますか?
また、歯磨き後のうがいで血がにじんでいたことはないでしょうか?

その原因は、大体は歯周病が関係しています👀💦
歯周病は虫歯とは違い、自覚することが難しい病気です🤔

今回は、歯周病になっているかのチェックや、その予防、対策についてお話していきます💪❗


まず、予防や対策のためには自分のお口の状態を知ることが大切です🌟
下記のチェックリストが当てはまったものが多いほど、歯周病の疑いがあります


□ブラッシングすると出血する
□起きた時、口の中がネバネバする
□歯ぐきの色が赤い、または赤黒い
□歯ぐきが腫れぼったい
□歯が伸びたような気がする
□歯がグラグラする
□口臭がするようになった
□歯と歯の間にものが挟まりやすくなった
□上の前歯がでできた
□タバコを吸う
□一年以上歯科医院を受診していない
□歯ぐきを押すと血や膿がでる

歯周病は以上のような症状や所見が見られます✅
みなさんは、どれくらい当てはまりましたか?
また、あまりチェックがつかなかったからといって安心は禁物です😊
正確な診断は歯科医院を受診し、見ていただきましょう🌟


ただ、歯が伸びたように感じたり 歯ぐきが赤く腫れぼったくなったりと自分自身の見た目の変化に気づけるひとはどのくらいいるのでしょうか?👀
毎日鏡で自分の口腔内を細かくチェックしていれば可能かもしれませんね
幸いもし見た目の変化に気づけたとしても、それは歯周病が既に重症化してしまっている場合が多いです😲❗

しかし、そうなる以前に、比較的炎症の軽い時点で自覚できるサインがあります😃💕

それが、歯ぐきからの出血です❗

歯ブラシや歯間ブラシでの出血は歯周病になってないかチェックできる道具になります❗
もし出血が毎回ブラッシング時に多量出るという方は、歯周病の疑いがかなり強いのです😣✔
ただ歯ブラシ、歯間ブラシの操作が誤っている場合にも出血は起こるので、
本当に歯周病かの判定は、歯科医院でして頂く必要があります❗

では、歯周病だった場合はどのような治療になるのかお話します😌

歯周病は、おもに歯ぐきが歯に接する付近に存在する歯垢中の細菌が原因で進行します。
歯ぐきと歯の間にできたポケット(歯周ポケット)といわれるスペースが歯周病が進行するにつれ深くなり、細菌の増殖する空間が増え、歯ぐきを腫らし顎の骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまいます🌞

歯周病はその進行のステージにより、いくつかの治療が適応されます💪✨

①基本治療
 これは歯周病がどのステージにあるかに関わらずに行われる初めの治療です。
原因である歯垢の除去および歯石の除去、患者様自身の歯磨きのテクニックを上げる歯ブラシ指導などを指します。

基本治療だけで改善されれば、歯周病治療は一旦おしまいになり、あとはメンテナンスでのコントロールになります😉💓

②外科治療
 これは、基本治療で炎症がコントロールしきれなった場合や完治には至らなかった場合の治療です

特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術(再生療法)を行う場合もあります。手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。

①と同様に歯周病の改善が認められればメンテナンスに移行されます😃


歯周病は例え治ったとしても再発する可能性はとても高く、予防が重要です
そのためには定期的なメンテナンスや、毎日のセルフケアがとても大切です💪💕

歯周病を治すにはセルフケアや、歯科医院で歯科医師・歯科衛生士によるプロケアも両方必要です。

生涯ご自身の歯でおいしくお食事してもらえるよう、
これからも一緒に頑張っていきましょう😊🎵

IMG_3258.jpg
          

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

2020年2月 3日

こんにちは☀
歯科助手の大久保です。

こないだの土曜日に医院の先輩方と
勉強会に行ってきました!✨

専門用語や内容が多く正直とても難しかったですが、
その中でもアシスタントとして何ができるのか?
先生がスムーズに治療するにはどうすればよいか?
患者様が楽に治療を受けられるための配慮は?などなど
普段仕事でやっていることに加えて
まだまだステップアップできると思われる部分がありました。


さて、アシスタントワークで大切なことは何だと思いますか?

それは、
先生と患者様に安全で快適な環境を整えることです。

治療中では主に、
患者様に対しては声掛けや体の動き、
口腔内全体を確認などをします。
先生が見ているライトの向きは適切か、
術野は確保できているかを見ています。👀

術中のアシスタントも大事ですが、
術前の準備や術後の感染管理も
もちろんアシスタントに含まれています。

患者様が最後まで気持ちよく過ごせるように
これからの診療に繋げていきたいです。

自分に足りないところを今回の勉強会で
学んだことを生かしてアシストしようと思います。

「大阪 貝塚市 岸和田市 泉佐野市 熊取町 やまぐち歯科のオフィシャルサイト」

Entries

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
やまぐち歯科HP やまぐち歯科 院長:山口敬士

やまぐち歯科
院長:山口敬士
www.dc-yamaguchi.jp

〒597-0073
大阪府貝塚市脇浜1-5-8
TEL:072-447-4618