24時間ネット予約

2020年5月 « トップへ

2020年6月25日

小児歯科

言って聞かせること、見せてあげること、実際に試してみること。小児歯科には「tell」「show」「do」が大切です。

小児歯科

お子さんの乳歯が虫歯になっても、永久歯に生え変わる歯だから構わないと思っていませんか?

実は、乳歯の虫歯は、その後生え変わる永久歯の健康に大きな影響を及ぼしてしまうのです。そのため、乳歯のうちにしっかりケアし、虫歯ができにくい歯を作ることが大切なのです。

お子さんの意思を尊重します
小児歯科当院には子供好きなスタッフが多く、お子さんとの会話を楽しみながら治療を行っています。治療後は「頑張ったね」と褒めてあげること、細かいことでも嘘をつかずしっかり伝えてあげることを念頭においています。

また、これから何をするのか、なんで治療をするのか、それを知らなければ恐怖心が生まれてしまいます。当院ではお子さんの意思もしっかり尊重していきたいと考えていますので、「tell show do」を大切にしています。「tell(言って)」「show(見せて)」「do(させる)」ことで、虫歯治療を子供ながらに理解していただき、少しでもリラックスした状態で治療を進めていきたいと考えています。

お子さんのための小児歯科

むし歯はコントロールできます。
やまぐち歯科ではむし歯ゼロのお子さんに育つことを願って予防歯科に力を入れています。

予防歯科は普段の生活を見つめなおすことから始まります。
しかし、生まれつきむし歯への抵抗力が弱いお子さんは予防歯科に取り組んでもむし歯になってしまうこともあります。
怖がりのお子さんを押さえつけて泣き叫ぶ中で治療してしまうとトラウマになって、大人になっても歯医者に行けないという方が世の中に多くいます。

当院では、そのようなトラウマを作りたくないと考えています。

1. 体調や機嫌が悪いと治療がうまくいかないことがありますが、泣いてしまった場合でも何か出来たことを褒めてあげましょう。

2. 毎回褒めてあげることで、歯医者に来ると褒めてもらえるという前向きな感情、動機づけになります。

3. なるべくリラックスできるように、お気に入りのぬいぐるみやおもちゃなどお持ち頂くのもおすすめです。

4. 次回行うことを事前に説明してあげることで次の治療が上手くいきやすいです。

保護者の方も気をつけてくださり、お子さんも頑張ってくれて、でもそれでも治療の難しい場合もあります。
そんな時には、当院で使う機械に慣れてもらう為、治療は行わず治療前トレーニングで来院して頂くこともあります。お子さんが十分に治療器具やスタッフに慣れ、治療への恐怖感を取り除くことを目的としたトレーニングです。

当院では、1人1人のお子さんに寄り添い、それぞれのお子さんにあった治療での対応をと考えております。
ご協力の程よろしくお願いいたします。


2020年5月 « トップへ


コールバック予約

PAGE TOP