24時間ネット予約

トップへ » 治療について » 虫歯治療 » どうやって虫歯ができる?

どうやって虫歯ができる?

どうやって虫歯ができる?口腔内に細菌が繁殖すると、食べ物に含まれる糖質を餌に酸が発生します。その酸が、歯の表面を溶かして穴を開けてしまうことを虫歯といいます。また、このような虫歯ができる過程を「脱灰(だっかい)」と呼んでいます。

初期の脱灰の場合、唾液に含まれるカルシウムやリンによって修復することができ、この現象を「再石灰化(さいせきかいか)」といいます。通常、食事をする度口の中ではこの脱灰と再石灰化が繰り返されています。そのバランスが取れなくなり脱灰だけが進んでしまうと、虫歯を引き起こしてしまうのです。

脱灰が進み虫歯を進行させてしまうと、風邪などの病気とは異なり自然治癒することはありません。そのため、再石灰化を促し虫歯を防ぐことが大切になってくるのです。再石灰化を促すためには、毎日の歯磨きなどのケア、フッ素塗布、そして必要以上の糖質摂取を控えることなどの食生活の改善が必要です。


トップへ » 治療について » 虫歯治療 » どうやって虫歯ができる?


コールバック予約

PAGE TOP