トップへ » 治療について » 小児歯科

小児歯科

言って聞かせること、見せてあげること、実際に試してみること。小児歯科には「tell」「show」「do」が大切です。

小児歯科

お子さんの乳歯が虫歯になっても、永久歯に生え変わる歯だから構わないと思っていませんか?

実は、乳歯の虫歯は、その後生え変わる永久歯の健康に大きな影響を及ぼしてしまうのです。そのため、乳歯のうちにしっかりケアし、虫歯ができにくい歯を作ることが大切なのです。

お子さんの意思を尊重します
小児歯科当院には子供好きなスタッフが多く、お子さんとの会話を楽しみながら治療を行っています。治療後は「頑張ったね」と褒めてあげること、細かいことでも嘘をつかずしっかり伝えてあげることを念頭においています。

また、これから何をするのか、なんで治療をするのか、それを知らなければ恐怖心が生まれてしまいます。当院ではお子さんの意思もしっかり尊重していきたいと考えていますので、「tell show do」を大切にしています。「tell(言って)」「show(見せて)」「do(させる)」ことで、虫歯治療を子供ながらに理解していただき、少しでもリラックスした状態で治療を進めていきたいと考えています。

子供の虫歯

子供の虫歯子供の歯は大人の歯に比べ虫歯になりやすいと言われています。原因として、子供の歯は柔らかく、石灰化が進むまで生えてから2~4年かかってしまうことがあげられます。また、お菓子やジュースを好むことも原因の一つです。

<乳歯の虫歯の原因>
・哺乳瓶でジュースを飲むこと
・卒乳時期が遅いこと
・歯磨きの開始時期が遅いこと
・フッ化物配合歯磨剤の利用開始時期が遅いこと

<乳歯の虫歯が及ぼす悪影響>
・永久歯の質・形が悪くなる
・永久歯の歯並びが悪くなる
・発音に障害が出る
・お口の悪い癖が出やすくなる
・身体やあごの発育が悪くなる


トップへ » 治療について » 小児歯科


コールバック予約

PAGE TOP