24時間ネット予約

トップへ » やまぐち歯科の特徴 » 痛みや不安の少ない治療

なるべく削らない治療で、歯医者が苦手な方にも安心の治療を

患者さん一人ひとりに合わせて麻酔方法を工夫し、無痛に近い麻酔が可能です。痛みの少ない「微痛治療」を心がけます。

痛みや不安の少ない治療

「歯科治療は痛いもの」「歯医者さんは怖い」そんなイメージをお持ちではありませんか?痛さが苦手な方は、そういったイメージや過去のトラウマから、歯科医院を敬遠してしまっていませんか?

しかし、虫歯は一度進行してしまうと自然治癒することはありません。そのため、歯科医院でしっかり治療を行わなくてはなりません。

そんな患者さんのため当院では、痛みの少ない「微痛治療」を心がけています。痛みは人によって感じ方が異なります。歯科治療において完全に痛みのない「無痛治療」は不可能です。ですが、さまざまな麻酔法を駆使し、痛みを最小限に抑えることは可能です。

当院の麻酔メニュー

電動麻酔痛みや不安の少ない治療
電動麻酔は、コンピュータ制御を利用し麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入する電動注射器です。麻酔注入時の痛みの原因である圧力を抑え、麻酔の痛みを和らげる効果があります。

表面麻酔
表面麻酔とは、麻酔そのものの痛みを軽減する麻酔法です。麻酔を注入する際の、針の「チクリ」とした痛みが苦手という患者さんも多くいらっしゃいます。麻酔針を刺す部分に直接塗ったり吹きかけたりすることで患部を麻痺させその痛みを和らげます。

麻酔薬の温度
注入する麻酔薬が冷たいと痛みを感じやすくなります。そのため当院では、麻酔薬の温度にも配慮しています。

麻酔から治療に入るまでの時間

痛みや不安の少ない治療同じ麻酔をしても、骨格の特徴によって効き目は人それぞれです。骨密度が高い方は、低い方に比べて麻酔が効き始めるのが遅いので、麻酔をしてから治療に入るまでの時間をしっかり見極めています。

また、歯ぐきの腫れや虫歯の進行状況によっては麻酔が効きにくい場合もございますので、患者さんには事前にお伝えし、不安を解消しています。


トップへ » やまぐち歯科の特徴 » 痛みや不安の少ない治療


コールバック予約

PAGE TOP